【寝坊】【Oversleep】

やっちゃました。寝坊です。今日は朝の8時半からCross-cultural Communication and Negotiation のクラスがありました。しかし目が覚めると外は明るく、目ざましは7時に設定したから、まだ暗いはず。何かおかしいと思い携帯を見ると、なぜか電源が切れた状態。嫌な予感がして、電源をつけると、現在9時でした。寝坊です。言い訳はできません。状況を理解し、速攻でシャワーを浴び、速攻でコーヒーを飲み、一瞬落ち着いて、今日の単元のパワポがムードルにアップされていたので一通りさらっと目を通し、大学へ向かいました。やっちゃったことに変わりはありません。ただの寝坊です。日本で大学に通っている時も、朝までバイトして仮眠とって大学行く時に寝すぎて寝坊することは多々あった。でもバイトもせず、ただやることをやっているこの留学期間で寝坊とか、ダサいし、応援してくれてる人とか支えてくれている人たちに、申し訳ないというか自分にかける言葉もありませんでした。しかしいつもこういった状況の時、心の中のにいるもう1人の私が「チャンスだぞ!」と声をかけてきます。失敗がチャンスだと、そう言い聞かせてくるんです。不思議なことに、もう1人の私のおかげですごくポジティブになれます。遅れた分、クラスの皆へ迷惑もかけたし、Jonnaへの私の信頼も少し欠けたと思います。が、もう1人の私が言うように、これをチャンスだと捉えるかことで、次に大きく踏み出せます。あ、「後悔してないでやれ!」とまた、もう1人の私が私に言ってくるので、気合入れて勉強します。(笑)

I got oversleep today. It was the Cross-cultural Communication and Negotiation course. When I woke up, I saw the light from a window, it was supposed to be dark because I set up my phone alarm at 7 am. Once I suspected and watched my phone, it was turned down, then I turned on it and it showed me 9am. Yes, it was oversleep with no reasons, excuses. Soon after I quickly took a shower, quickly drunk a coffee, a little bit relaxed and I saw today’s powerpoint which is upped on the moodle a little, then went to school. I did oversleep, nothing changed. In Japan, I’ve often gotten oversleep after the job it is until morning because I took a nap a long time. Now, it’s tern I don’t need to work for the money, but getting oversleep is not cool, I feel I’m sorry for everyone who are cheering for me, supporting for me. I didn’t say nothing to me. However when I got this kind of situations, another me in my heart talked me “It’s chance!”. He talks failure is the chances. When I got it, I always feel positive. I think that I was late bothered to my classmates, I also lost some of Jonna’s trust. But if I grasp the meaning of this kind of things as a chance, I am able to go to success. Oh, he talked me “Do it now without regret”, then I will work hard.

【始まった!】【Cross-cultural Communication and Negotiation】

26日早朝、VIBEプログラムの必修コースでもある「Cross-cultual Communication and Negotiation」がスタートしました。経営者の方々に、3~4人のグループでインタビューを行ったりし、実践的にビジネス会話や、ビジネス交渉プロセスを学びます。私のグループは、2人の実際に働いているフィンランド人と私の合計3人で、内1人の方は娘さんがいて、そんな私より人生経験のある方たちとプロジェクトを行えるということに、日本の大学で勉強することとの環境のギャップをめちゃくちゃ感じます。ミーティングなどのスケジュールを合わせる時に、例えば日本でよくあったのはアルバイトによる日程調節でしたが、今のメンバーは娘さんの育児があって、、、などといった関係との日程調節をしてくれています。いろいろな概念が壊されていく毎日、こういったことが留学の醍醐味かもしれません。今年の春学期に桜美林に訪問してくださったJonnaと再会し、みんなで写真をぱしゃり。Saaraはアトランタに12月までいるそうですが再会が楽しみです。

On September 26th at morning, the Cross-cultual Communication and Negotiation course which is including one of the VIBE program has begun. We will learn about practical business communications and process of business negotiations through 3~4 grouping work and having interview to the CEO at real company. My group is two finnish who are working, one oh them has a daughter. That I’m having a project with them who has seen much of the world than me makes me feel difference of study environments from Japan. For example, when we make schedule with group members, had to adjust it with our part-time job’s schedules, but now my teammate is trying to adjust with her daughter’s daycare schedule. My stereotypes are destroyed every day, which is the real pleasure of study abroad. Anyway, I finally have met up with Jonna she had came to Oberlin University in last semester, and took a photo. Saara is now in Atlanta until this December, but I look forward to see her again.

14463239_10208058346518906_5880784803135791204_n