【俳句・短歌】【Haiku and Tanka】

 

11月29日火曜日

今日はお昼から直子さんのクラスのお手伝い。学生のどら焼き作りを見学させていただきました。この前直子さんからいただいたどら焼きもかなり美味しかったけど、学生が作るどら焼きもめっちゃ美味しかった。あんこをこっちだけの材料で作れることに感動。ただ、皮には重曹がマストであることがわかりました。みんなでドラえもん見たりしてちょっと盛り上がった。

そして街の図書館へ移動し、直子さんの日本イベントに参加させていただきました。フィンランドの方々に日本の文化を伝えるイベントで、そして俳句、短歌を紹介し、実際に作成してみようという感じのイベントでした。直子さん、直子さんの生徒二人に僕らVIBE学生もお気に入りの俳句、または短歌を紹介しました。

俳句といえば、で一番最初に浮かぶのは松尾芭蕉ではなく、小林一茶でもなく、加賀千代女ということで僕は、「あさがおや つるべとられて もらい水」を紹介しました。小学校か中学の時、地元の千代女俳句館みたいなところで働く人らがクラスに来て、めっちゃこの俳句を紹介して来た記憶があるので、僕にとって俳句っていったら加賀千代女です。同じ土地出身の俳人として紹介できたことをすごく誇りに思いました。そして、短歌は新渡戸稲造が歌った、「見ん人の ためにはあらで 奥山に おのが誠を 咲く桜かな」を紹介できました。正直、こんな短歌があるなんて知らなかったし、ちょっと新渡戸稲造を勉強した俺からするとめっちゃ、「あぁぁ」って感じで共感できて、本当この短歌かっこいいなって思った。誰にも見られず、山奥にひっそり咲く桜こそが、真の桜かもしれない。っていう自分なりに、新渡戸稲造の説明と合わせて説明できてよかった。参加してくださった方々は皆結構年配の方々で、今までこの年代の方々と関わる機会が全くなかったので、すごく楽しかった。隣にいたおばちゃんはフィンランド語が話せず、スウェーデン語と英語を話す方だったので英語で色々話せました。イベントが終わったら、あるおっちゃんからサインを求められて、めっちゃ焦った(笑)。サインなんてないし、Masashi Uminoってめっちゃシンプルに書きました。でもほんのちょっと嬉しかった。きっと俳句や短歌の面白さが心に伝わったのだと、思います。

On November 29th Tuesday/Kahdeskymmenesyhdeksäs marraskuu tiistaina puolipilvistä

I went to Naoko-san’s class and supported her and the students, and looked that they were cooking Dorayaki. Last time, I got to eat Dorayaki which Naoko-san tried to cook and it was so great, but also Dorayaki which made by students were also very nice! It was quite impressive that we can make Anko here as well. Now I know it must be baking soda for making Dorayaki. We also had fun with watching Doraemon.

 After that, we moved to the city librery and had an Naoko-san’s Japanese event. It was an event like we would share our Japanese culture to people in Kuopio and let’s create own Haiku or Tanka. Also, Naoko-san’s students introduced their famous Haiku or Tanka then. Same as that, we VIBE students also shared our famous them as well. 

For my point of Haiku, it’s definitely Kaganochiyojo, not Basho or Issa, so that I shared “Asagaoya Tsurubetorarete Moraimizu”. I really remember that people who work at something Haiku place in my city came our school and introduced about Kagsnochiyojo because she was born there and grew up too. I was so honer that I could share about her as a same town person. Also, I shared the Tanka which was sung by Inazou Nitobe “Minhitono Tamedehaarade Okuyamani Onogamakotono Sakusakurakana”. To be honest, I didn’t know this Tanka before I searched it. However, because I studied  him a little bit, I totally could feel like “Yeah” and understood well, then I really loved this one. The sakura which is at quite far away in mountain might be genuine one, which I explained to people by myself and it was so cool. In addition, people who were attending there were not students, they were totally local people, I was so glad that I could meet them because there was no chance to meet and talk them in my life here. The lady who was next to me was not able to speak Finnish so we talked in English, she was so kind and interested in Japanese. It was so surprising that one guy required my sign and it was so pleasured and first time n my life. I just gave him my simple name, Masashi Umino. I wish our culture could reach to their heart.

【どら焼き】【Dorayaki】

今日も遅起き、夕方3時くらい。起きてメッセンジャーを見ると、直子さんから「どら焼き食べない?」ってメッセージがきてて、いただきました。めっちゃ美味しくて感動しました。特に皮がうまかった。ルームメイトの反応はいまいちだった、ヨーロッパの人にあんこは合わないみたい。直子さんのセンス、やっぱりやべえって思った。

そして直子さんからこの環境で生き抜くアドバイスをいただきました。直子さんは編み物をずっとやってるらしく、続けられるし集中できるそう。あとはやっぱり「何か」するってことが大事で、その「何か」、直子さんなら編み物、を見つけることが大事ってこと。ってことで、日曜日みんなでパン作りすることになりました、楽しみ。そして直子さんに感謝。

【フィンランドの高校で】【At Finnish High School】

10月4日早朝、クオピオにある「Kuopion klassillinen lukio」という高校の、日本語のクラスにボランティアとして参加させていただきました。

直子さんという、私のアパートの上の階に住んでいた日本人の方が、現在フィンランドの高校で日本語を教えているとのこと。せっかくなのでボランティアで授業に参加してみたい、とお願いしてみたところ、快く歓迎してくださり実現することができた。また、写真に写っているのが校長先生で、校長先生もすごくウェルカムだということで、実現できた。先日のアジア会で直子さんも招待し、そこでゆりこ、まこと今回のボランティアを提案し、そこから明治の皆さんや、もえちゃんも交え直子さんと打ち合わせなどをし、今日に至った。

8:10からの授業と、9:40からの授業に参加させていただき、個人的にボランティアというより、直子さんのTAという気持ちで参加し、日本に興味のある学生たちと交流できた。どうやら、他の高校からこの授業を取ることも可能らしく、ほとんどの学生が他の高校から来ていることを知り、驚かされた。どちらの授業も、基本的な挨拶から、ひらがな、数字、誕生日を教えあうなど、より実践的だなあと感じたし、そこに私たちが日本の文化から歴史まで、いろいろと興味深く伝えていくことが、今後の私たちの課題かなと感じました。また授業の雰囲気は本当に落ち着いていて、グループワークの時も、周りの空気を読もうとする生徒たちの姿勢が感じられ、やぱりそこは日本人としてすごく共感しました。

授業が終わって、写真に写っている校長先生とランチをしました。すごくフレンドリーな方で、本当に私たちを快く受け入れてくださり、感謝です。お昼に行われた職員会議にも参加させていただきました。職員室がカフェのようになっていて、皆ソファに座ってリラックスしたり、コーヒーを飲みながら校長先生の話を聞き、会議をしていました。すべてフィンランド語だったので何を話しているのかは全くわかりませんでしたが、すごく真剣に話し合う雰囲気は感じられ、また「会議がオシャレだなあ」と思いました。とても絵になる会議で感動しました。

日本語のクラスは、現在直子さんがいるから開講できているとのことで、直子さんがいなくなると次に誰かが来るまで閉講になるそうです。生徒さんたちが日本語のクラスに来ているのを見て、需要はかなりあるなと感じました。中国や台湾からの留学生もいて、彼女たちも日本語の授業に興味津々でした。校長先生は最近中国に興味があるらしく、中国のビジネス文化の授業も取り入れたそうで、これからもっと日本との繋がりも作っていきたいですね、と未来の話もすることができました。日本にもともと興味のある学生も、あまり興味のない学生も、すべての人に興味を持ってもらえるよう頑張りたいです。

ちなみにこの高校はフィンランドでも特にスポーツに力を入れているらしく、数々の卒業生がホッケーの選手だったり、有名らしいです。ある生徒に、「なんでこの授業とってるの?」と聞いたとき、日本は美しい国だからと言われたのが嬉しく、日本を誇りに思った。

On October 4th, I had joined the Japanese class at finnish high school Kuopion klassillinen lukio as a volunteering.

I knew naoko-san who is living in same apartment is teaching Japanese at finnish high school, then i tried to join there as a volunteering, and she accepted it and came true. Also, the president of the high school sincerely accepted it(The president is at this photo). I invited Naoko-san to an Asian party these days ago, then I tried to promote this volunteering to her with Mako and Yuriko. After that, we had some meetings with Meiji students and Moe, and we came around the today.

We joined Japanese classes from 8:10 and 9:40, I personally thought I joined as a teaching assistant not volunteering, and could exchange with students who are interested in Japanese. They are possible to take some courses of other schools, and I was surprised that almost of students are from other high schools. Both classes are so practical like teaching general greetings, Hiragana, numbers, and exchanging their birthday with classmates. I feel we should tell Japanese cultures and histories with their interests. And an atmosphere in the class was so relaxing and in the group work I thought students tried to attitude for caring other students that I really understood as a Japanese.

After the classes, we had lunch with the president. He is so friendly and welcomed us, that I really appreciate. We could join and introduce ourselves in the teacher’s meeting. The place meeting held was like a cafe, and teachers are sitting down on the sofa, relaxing drinking coffee. They talked in Finnish so I couldn’t understand what they are talking about, but they are discussing sincerity. It was great opportunity that we joined that such a fashionable meeting. 

The Japanese class can be open because Naoko-san is here now, so when she leave, it will be close. I definitely found the demand of the Japanese class there from many students who are interested in it. They have also some exchange students from China and Taiwan they seemed like so excited the Japanese class. The president recently is interested in China and it’s having a Chinese business culture class. I talked about the future with him like I would like them to connect with Japan more deeply. I will work hard for that both students who like Japan and are not interested in Japan yet become to be interested in Japan. 

Anyway, this high school is one of focusing on sports. Also, I was so happy that when I asked “why are you taking the Japanese class?”, she answered because Japan is beautiful country, and I respect for my country again.

Kuopion klassillinen lukio