「家」

2017年を振り返っての今、自分の今年を表す漢字は、「家」、これだ。

1月、仙川の職場に出戻りした。自分は大学がある町田より、東京に来てずっと住んでいる仙川という地域に思い入れがあったみたいで、職場に戻ると留学前から一緒に働いていたメンバーがいて、すごく心地よかった。帰る場所があることの、喜びのようなものを感じた瞬間だった。それからその職場で、今ではこれまでの人生で最も尊敬する先輩と出会い、時間を共にしてきた。彼の元で、夢を持って生きていくための時間の使い方を学び、また、結果として人を守るためにやるべきとこ、あるべき姿を学び、ある1つの職場が、家のようになっていく過程を、見てきた。自分もその家にいるひとりになった。

4月、大学で中小企業の講義を受けた。事業承継、なんでこんな難しい言葉を作ったんやろう。尊敬する先生、堀教授の元で留学プログラムに取り組み、ヒョンなご縁からその講義が、自分の人生を左右することになった。

そういえば実家、、、今どうなっとるんやろう。

家のことを知りたくなった。避けてきた家の仕事と向き合いたくなった。家業イノベーションキャンプに、応募してみた。そこで、家業をもつ若者後継者との、繋がりができた。

家業ってなんやろう。宮治豚の宮治さん曰く、「オーナーシップ」「ビジネス」「家族」、この3つらしい。自分は将来、家業を継ぐんやろうな、そんなふうに、いずれそのときは来ると思って、フラフラしてその時を待っていたのが自分。突き詰めて言うと、先代の家族が死ぬのを待っているのが自分んの状況だったと思う。一番恐れなきゃいけないのが、「手遅れ」になることなのに、家族と接することを避けたい気持ちから、自分から逃げてきた。言い訳を美化しながら。だから、大学4年目にして、進路について悩んだ。自分が本当に、「したいこと」ととして発信してきたことが、結局偽りだったと、今では思う。

今年の夏、たまたま、森山明能さんと出会い、七尾に飛び込んだ。4ヶ月のインターン生活、いしり亭での店舗改革に試行錯誤しながら、自身の家業についても試行錯誤してきた。

昨日の忘年会、明能さんの今年の文字は「家」だった。自分も「家」と書いた。昨日、その瞬間やっぱり運命やと思った。直感で、明能さんの元で、働いてみたい。そう思って飛び込んだ七尾で、まちづくりへの理念、経営理念、など、思いを形にしていく人達の姿を見た。

僕は思いを「形」にできていない。なんでかと言うと、目標がブレブレだから。家業と向き合うとか、地元を率いたいとか、抽象的すぎる自分の目標は、どうしても毎回手段が先行してしまう。好奇心があるからと言い訳して、学生という身分をフル活用して、なんでもやってきた。その中で、たくさんの信頼を失うこともあった。それが一番悔しかった。自分はこの、家への思い入れが特に強いと思う。幼い頃は、他人の家族が羨ましかった。海野家は、嫌いだった。母親を殴る父、それを見て泣きわめく姉、それをボオッと見つめる自分。 引っ越しを繰り返し、親が離婚し湊の家に母と、姉と戻ることになった。それから曽祖母に育てられ、母親は洗礼を受け、祖父祖母はハンコ屋さんの商売を続け、熊田家の皆が好きなことに没頭している姿を見て、自分も好きなことをやりたい、それを探しに東京へ行った。今、その家業の自分が継ぐ準備をしている。継ぐことは目的じゃなく、継いだという結果になればいい。先代から受け継いだのは、「オーナーシップ」「家族」この二つ、ビジネスは俺が決めて、やる。そしてこれまで自分が口先で言い続けてきた、「地元を守る」とか「代表になる」とかは、結果として着いて来ればいいだけで、今は別にそんなことはどうでもいい。今まで歩いて来た場所、出会って来た人の幸せを追求するための道具として、家業を継ぐ。俺は、屈しない。

大切な家族ができた。いしり亭ファミリー。いしり亭、もりやま、いしり工房、常連の岡本家、今年、特にこの4ヶ月、新しい家の形ができていくのをこの目で見て来た。また、家の形が壊れそうになるのも、同時に見て来た。忘年会の席で、岡本家、森山家、の姿を見ているとニヤニヤが止まらなかった。嬉しかった。自分がその輪に、いられるということ。自分が勝手に思ってるだけかもしれないけど、日本だけでなく世界中に自分にとって家のような場所、家族のような人がたくさんいる。全ての人を幸せにしたいという思い、まずは地元白山市、その前に海野家、熊田家、この両家を結果として守り、夢を語るのはその基盤ができてから。

来年、刺激的な1年になりそう。

能登には多大な感謝ができた。いしり亭ファミリーのために、もう少し思考錯誤する。

いしり亭 My internship begins

七尾入りして約2週間が経ち、
昨日から本格的にインターンが始まりました。

舞台は石川県七尾市にある食事処
「まいもん処いしり亭」です。

能登のまちづくり会社が、
能登の伝統調味料の魚醤「いしり」を伝えていきたいという
想いからできた食事処。

その伝統や想いを受け継ぎ、12月まで経営改革に取り組みます。

大学を休学して選んだ選択肢、
地元石川県で自分がどれだけできるか試してみたいという思い、
さまざまな思いがありますがやっぱり地元は熱い!!!

食事処なので石川県へ訪れる際、
ぜひ皆さん、七尾まで足をお運びください。

It’s been 2 weeks from I arrived in Nanao city, and officially my internship has started from yesterday. The next stage of my challenge will be a management of restaurant called Ishiritei w located in Nanao city, Ishikawa. An urban development company in Nanao created the restaurant for handing the traditional soy souse down that city. I will take the dream over for the city and work for that until this December.

At this semester, even I’m a 4th year now, I stopped going my school for half a year. It’s not nerves for making this decision for me, it’s exciting that I can try to work for my hometown. This is what I really wanna do, which I was realized from this three and a half year at my colleges.

The place I work is a restaurant you can taste the history of Noto area in Ishikawa not only eating, but also see, smell and hear. It’s so welcome you come visit us. I’m here for you all.